見本制作 / Sculpture du verre
サンプル制作!  Sand Carved Glass

コンセプトは捻れた流れの表現の中にアンモナイト!
 捻れのWaveは時空の捻れを表現しています。

時空の捻れで現代に蘇ったアンモナイトなのか?
時空の捻れで現代に辿り着けなかったアンモナイトなのか?

捻れる表現の意味合いも2通りあって
平面の表現は このタイプが絵になるかなと思い制作してみました







| - | 22:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
シツカン
葡萄の木の質感  ー Texture ー

表面の肌合いのデコボコした感じ、又は朽ちた様なイメージ
これを入れる、入れないで可成りの違いが出て来ます。
1発勝負的な加工でして中々難しい技法だと思っております。
(欠点は重ね加工すると 汚い表面に成り兼ねません)

完成後の感動感は、こう言う表現があるからなのかもしれません



 
| - | 23:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
第12回 日本のガラス展 終了  Glass art exhibition
 
| - | 21:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
越冬すずめ / Moineau
ぷっくら膨らんだスズメさん。     Sculpture du verre
椿のお花を見ながらひと休み
春の日差しを浴びて気持ちよさそう

長い冬を乗り切る為にぷっくらと太ったスズメが春の訪れに飛び回り
疲れて一息ついている様子を表現しました。











| - | 21:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
カサブランカの花 / Sand Carved Glass
フロストガラスへの彫刻    Sculpture du verre  

やっぱりフロストガラスは良いですね〜!
品があるっていうか、優しさが感じられるっていうか
個人的に結構すきなガラスです。

ユリ科の花は花の中でも唯一丸く深彫りが出来るので、ついつい調子にのっちゃって
必要以上に手を掛けてしまうので、ある意味 お客様には お得なモチーフです!


 





| - | 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
トンボと睡蓮 / Sand Carved Glass
とんぼ Part2 A dragonfly and water lily  

おとなしく最小限に纏めようとしたのですが制作途中から変更!
見た人が何かを想像させる意味合いで回りに抽象的なグルーチップを採用しました。

両サイドには流木を立てて、溝を切りガラスを差し込んであります。









 
| - | 22:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
水辺のトンボ / Sand Carved Glass 
Dragonfly of the waterside

もう使えないかな〜?って思っていた切り株、 取って置いてよかった〜!
イメージに近づいた仕上がりにホッとしました。
自然素材とのコラボ作品は難しいですね!

水面の感じと水中の感じ  ちょっとだけ取り込んでみました。








| - | 23:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
フクロウとねずみ / Sculpture du verre 
 タイトル  / フクロウとネズミ  An owl and mouse  

補食シーンの瞬間を前々から作品にしてみたかったのですが、何とか完成しました。
いつもフクロウは可愛らしい感じになる様にデザインするのですが
今回は獲物を捕まえる姿と言う事もあって厳しい表情にしました。

オブジェと言う事もあってベースを少し高くして片方の翼は表彫りに、自然な感じを出す為に小枝を左側に付けました。
やっぱりLED効果は欠かせませんね!




 













| - | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ミュシャ/黄道十二宮 Sand Carved mirror 
Alfons Maria Mucha /Zodiac    Sculpture du verre

ミュシャ作品の中でも手の掛かるモチーフなので
腰を据えてたっぷり時間を掛けて制作しました。

明日、九州へ旅立ちます
無事に届きます様に•
ずっと残り続けるんだぞぉ

 







| - | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
馬 Sand Carved Glass
Sand Carved Glass door
室内ドア用の馬のエッチングガラス

最近、馬の彫刻依頼が多いのです。
でも、今回の馬は今までで1番大きい!
慣れた絵柄でも大きさが違うと油断は出来ません
本日、無事に完成し木枠梱包で福井県鯖江市に旅立ちました。

馬と言えば農耕馬を家で飼っていた頃を思い出します。
普段は農業で活躍している馬ですがゴールデンウィークになると近くの
公園会場で馬力大会に出てたなぁ〜 

あっ!そうだ 唐突ですが、アルプス越えのナポレオンを彫ろうかな
ナポレオンが馬に乗ってウイリーしてるやつですよ!笑







 
| - | 21:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |